Suzuki Design+ について

​スズキデザインプラス

Suzuki Design+ は Symbol Mark・ロゴタイプおよび

印刷物(名刺・封筒・パンフレット・ポスターなど)のデザインをいたします。

鈴木正道 Suzuki Masamichi

東京都文京区在住。

株式会社タイムにて広告・マーケティング・CI等を学ぶ。有楽町阪急のオープンニングなどを担当。

奥村靫正(ザ・ステューディオ・トウキョウ・ジャパン) に師事。

ポスター、音楽関係のビジュアル、広告、イベント、ブックデザイン等、さまざまなジャンルのグラフィックデザインを担当。

独立後は、ユネスコ世界遺産年報のアートディレクションなどをてがけるなど、さまざまなグラフィックデザインを手がける。

2018年10月1日 文化庁のシンボルマークにコンペにて採用される。

JAGDA会員。