シンボルマークは、企業体を表すときによく使います。また、さまざまな商品などにも使われます。この場合は、ブランドの表現ということになります。また、公共機関にもシンボルマークは必要です。なぜこのようにシンボルマークを使うのでしょうか?

それはまず、他との識別・差別化・優位性を表わすためです。このシンボルマークの視覚統一によって私たちの生活はものを瞬時に識別・認知しています。このように企業行動やブランド価値を高めていくためにシンボルマークは必要です。しかし、大企業や高級ブランドだけのものではありません。八百屋さんでも個人事業でも必要です。

このブランド力こそ大切なのです。ブランド力の大きさで購買力や認知度が変わってきます。

まず、自分たちは何をどうしていきたいのか?をしっかりと決め、その方向性をシンボルマークに視覚化します。ここが大事なのです。

Suzuki Design+は的確なシンボルマークを作ることができます。